ワーホリとは?超分かりやすく解説します【最新版】

カナダのワーホリについて、現地在住のAK-Englishチームが分かりやすく解説します。

カナダのワーホリは、「学ぶ・遊ぶ・働く」全てが実現可能です自由度がかなり高く、留学初心者でも挑戦しやすい方法です。

このページの内容まとめ

ワーホリを分かりやすく解説

「ワーホリ」とは「ワーキングホリデー」の略称で、英語ではWorking Holiday(正式名称はInternational Experience Canada)と呼ばれます。

英語力の制限がないため留学初心者でも挑戦しやすく、現地でしっかり就労もできる渡航方法です。

1年間のワーホリでは、初期費用を50万円以内に抑えることが可能です。さらに現地でしっかりと収入を得て、渡航後に貯金を増やすこともできます。

カナダのワーホリは18歳から30歳の方が対象で、人生で1回のみ利用できる就労ビザが取得できます。

英語力が問われない

ワーホリビザの申請時に英語力の規定や条件はありません。また、ワーホリをする留学生のほとんどが初めの数ヶ月で語学学校へ通いますが、この場合も語学学校への入学に英語力は問われません。

初期費用を抑えられる

ワーホリの初期費用は、コープ留学やカレッジ留学に比べてグッと低くなります。

またワーホリビザは、フルタイムで1年間働くことが許可されているため、初期費用を上回る収入が見込めます

旅行ができる

ワーホリはカナダの全地域で適用されるため、州をまたいで旅行も自由にできます。

現地で稼いだお金を貯金して、カナダ国内旅行(イエローナイフでのオーロラツアー・トロント・モントリオール・バンフでスノボ旅行)などを楽しむ方も多くいます。

英語初心者向けの「語学+ワーホリ」

ワーホリでカナダ入国後、初めの2〜3ヶ月間を使って語学学校に通います。残りのワーホリ期間を使いフルタイム就労をする方法です。

1年間のカナダ滞在を希望している方が選ぶ方法で、「カナダのワーホリ」と言えばこのプランが一般的です。

初めの2〜3ヶ月に語学学校に通うことで、実践的なカナダ英語になれるだけではく、留学生同士の友達ができるため、仕事情報やシェアハウス情報が入るようになります。

また、学校を通したホームステイや学生寮に滞在できるようになるため、安全な滞在先を確保できます。

2年以上の長期滞在「コープ留学+ワーホリ」

ワーホリを利用して、2年以上の長期滞在を目指す方から人気の方法です。

私立カレッジで専門分野を学ぶ「コープ留学」でカナダへ入国し、1年後にワーホリへ切り替えてカナダに滞在する方法です。

この方法では、コープ留学で働いた職場で、引き続きワーホリ生として働き続けることが可能です。長期の就労が可能になり、お仕事を探す心配はありません。

ワーホリの費用

1年間のトータル収支

収入

268万円

支出

221万円

上記は、カナダに1年ワーホリで滞在した場合の費用の目安です。

初めの2ヶ月間は働かず、語学学校に通学した場合を想定しています。カフェやレストランなどで働く場合、基本給にチップがプラスされ、更に多い収入が期待できます。

さらに詳細の費用内訳を見ていきましょう。

1年間の費用内訳

補足:航空券のみ含みません。利用する航空会社によって大幅に差が出るためです。2024年3月より格安航空の就航がスタートします(参考:最安2万円台!ZIPAIRが成田バンクーバー線就航開始

カナダ到着後すぐの2ヶ月は学校手配の食事付きホームステイを利用、現地生活に慣れた頃にシェアハウスへ移動するプランを想定。

現在、BC州(バンクーバーやビクトリア)の最低賃金は $16.75で、現在の日本円換算では時給1,900円ほど。ON州(トロント)では$16.55です。毎年連続で最低時給が上がっています。

また、チップ収入の額は個人差が大きく、チップが多いサービス業で働く場合はしっかりと貯金することも可能です。

必要な初期費用

渡航前に必要な費用

49万円

さらに分かりやすいように、初期費用だけを見ていきましょう。

1年間のワーホリでは、日本出発前に支払う費用(つまり初期費用)の目安として、約49万円が必要です。

上記のプランでは、到着日の空港送迎+2ヶ月間の食事付きホームステイを手配するため、安心してカナダ留学生活をスタートすることができます。留学生同士でシェアをする学生寮に滞在するプランも選択肢としてあります。

ワーホリの収入

ワーホリの収入

月収 約27万円

やはりワーホリの大きなメリットは「フルタイムで最大1年間働ける」という点です。

最低賃金 $16.75(現在の日本円換算では時給1,900円ほど)で働いた場合の収入です。チップは上記の計算に含みません。カナダはチップ文化があるため、サービス業の場合は30〜40万円の収入がある人も多くいます。

語学学校に通学中は日中に授業があり、お仕事ができる時間に制限ができてしまうため、パートタイム就労から始める方もいます。卒業後はフルタイムでの就労が可能なので、毎月充分な収入が見込めます!

AK留学生:1年のワーホリ実例

AK留学生:はるか

元 飲食勤務

大学では4年間英語を専攻し、在学中に交換留学生としてカナダのエドモントンに4ヶ月留学。それをきっかけにカナダに住みたいという強い憧れを持つ。1年半社会人を経験後、退職して念願のバンクーバー留学を決断。1年間のワーホリビザで渡航、郊外の語学学校で2ヶ月就学する。

AK留学生:1年のワーホリ体験談

はるかさん:社会人を経てからの留学だったので、私にとって大きな決断でしたが、それでもバンクーバーに来て良かったと心の底から感じています。

実は、バンクーバーのローカルカフェで働きたいと思っていました。渡航後は2ヶ月語学学校で英語をブラッシュアップした後、お仕事探しを始めました。

はるかさん:カフェで働き始めてから、カナダの方々の仕事に対する価値観が日本と大きく違うことに気づきました。ただ真面目に仕事をするのではなく、楽しんで仕事をする。働き始めてから仕事に関する考え方の大きな違いに驚きを感じました。

コツコツ小さい積み重ねを行ってきたことで、マネージャーから褒められた時は本当にやりがいを感じました!

AK留学生:1年で実際にかかった費用

はるかさん:仕事以外でも、カナダで生活をする中で「自分は自分だ」と思えるようになったのはすごく大きい変化でした。

これから自分が何をしたいのかを模索する中で、動画編集に行きつきました。バンクーバーだけでなく、トロントやエドモントン、モントリオールなどカナダ国内を旅しながら、その時に撮った動画を編集していたのですが、すごく楽しくて。これが自分がこれからやりたい事なんだろうなと思いました。

現在はオンラインで英会話の先生をメインに仕事をしている傍ら、趣味で動画の編集を行っています。

AK留学生:全体のスケジュール

AK留学生はるかさんの、サポート当選から渡航までのタイムライン

AK留学に当選
AK留学の公式サイトより応募、数日後に当選通知を受け取る
カウンセリング
スケジュールをみながら留学の大枠を一緒に考える
学校申込み
学校選定、お申込書記入まで、全て一緒に進める
ビザ承認
ワーホリビザの承認がおりる
渡航準備
航空券の購入や現地での医療保険・携帯SIMカードの準備をする
渡航
カナダへ出発!
8ヶ月前
8ヶ月前
7ヶ月前
4ヶ月前
2週間前
横にスクロールする

ワーホリのビザはどれ?

ワーホリで申請するビザは、1年間の就労が許可されたワーホリビザで、1年間のうち最大6ヶ月までの就学ができます。

カナダ滞在中はフルタイムで就労が可能になるビザ(Work Permit)を保持することとなります。

ワーホリビザは、カナダ政府サイトよりオンラインでの申請が可能です。ビザ申請費用は $357で、日本円で4万円ほどになります。

ワーホリのメリット

とにかく自由度が高い

フルタイムで働くことができる。そして、働かなくてもいいのがワーホリ。

語学学校で色んな国の友達を作ったり、働いて安定した収入を確保しながらカナダ国内外の観光をすることもできます。

自分のやりたい!に合わせてカスタマイズができるのがワーホリです。

十分な収入が期待できる

繰り返しになりますが、ワーホリでは「最大1年間フルタイムで就労」ができます。

そのためワーホリでは、渡航前にかかる初期費用を大幅に超える収入が期待できます。

特にサービス業(レストランのサーバーなど)で、チップ収入が大きいポジションでの就労となればより多くの収入が期待できます。

ワーホリのデメリット

年齢制限がある

18~30歳までの方のみ申請が可能、という年齢制限があります。

カナダでは31歳の誕生日を迎えてしまうと、ワーホリビザの申請はできません。

定員と申請時期が決まっている

例年、カナダ政府の判断により時期は異なりますが、カナダのワーホリ申請の開始時期は毎年1月〜3月頃です。

その年の募集が終了する時期は、9月頃〜12月の年末頃です。

ワーホリビザが承認されてから1年以内にカナダに入国する必要があるので、早めの申請が安心です。

カナダでは一生に1回のみ

カナダのワーホリは、1人1回までの利用が可能です。

広大なカナダで1年間、自由に過ごすことができる権利が与えられるビザです。年齢や状況に応じて有効に活用しましょう。

応募制のサポート「AK留学」って?

AK留学は生徒さんの節約最優先!で生まれた 新しい留学サポート。

一切上乗せをせずに、生徒さんと学校との直接契約というスタイルで、正真正銘の完全無料サポートを貫いています。

AK留学は、生徒さん一人ひとりと本気で向き合うため、応募制度を取っています。

この記事を書いた人

Yukiko

Yukiko

短期語学研修・長期交換留学・カレッジ留学など、豊富な留学経験を持つ。カナダでは国際ビジネスマネジメントを専攻し、AK留学でアドバイザーとして活躍中。