海外送金の方法は?

エージェントに送ると割高に

ほとんどのエージェントが、留学費用をエージェントに振り込むシステムを採用しています。

ただその場合、そのエージェントが「独自の為替レート」を自由に設定するため、そのレートが悪い場合は生徒さんは実際の費用より多く払うことになります

「1年の留学費用で10万円多く払っていた!」なんてこともよくあります。

通常の振り込み方法
生徒→エージェント→学校の口座へ送金

お得な振り込み方法
生徒→学校の口座へ直接送金

どこの学校でも、生徒からの振り込みを受け付けています。

送金方法は3種類

送金の方法は主に3つあります。

A. 請求書を持って銀行や郵便局へ行く
→ 銀行指定の為替レート+送金手数料

B. クレジットカード支払い
→ 決済手数料 3%前後

C. Wise でオンライン送金
最安値であることが多い

A. 銀行や郵便局

送金手数料は 3,000円〜6,000円が多い(銀行によって前後します)

その送金手数料とは別に「為替コスト」が上乗せされます。

学費など総額が大きくなると、この為替コストも高額になります。

B. クレジットカード払い

銀行の出向く必要がなく、手軽な支払い方法。

ただ、学校指定の「支払い手数料」がかかります(多くの場合、3%〜)。

C. オンライン国際送金

多くの場合、一番お得に送金できるのが Wise オンライン国際送金 の利用です。

為替レートに上乗せがないため、大きな節約になります。

手続きもネット上で完結し、一度アカウントを作るとカナダ渡航後でも使えます。

オンライン国際送金 Wise の開設方法

AK-Mediaにて、わかりやすく解説しています。アカウントを作るときに参考にしてください。

公式サイトはこちら

Wiseの公式サイトです。

日本語対応(英語表記される場合、上部タブから切り替え◎)